TIME TABLE TIME TABLE
ラジオ日本NEXTラジオ日本NEXTラジオクラウドラジオクラウド民放連キャンペーン民放連キャンペーン

トピックス

お知らせ

ルーヴル美術館展 肖像芸術――人は人をどう表現してきたか 2018.5/30~9/3  国立新美術館で開催

louvre

 

人の顔立ち・姿かたち(=像)に似せた(=肖)ものを絵画や彫刻に表すことは、はるか古代から今日にいたるまで、連綿と行われてきました。人の似姿である肖像は、長い歴史を通していかなる役割を担ってきたのか。肖像の制作にのぞんだ芸術家たちは、どのような素材や手法を用い、どのような表現を生み出してきたのか。本展は、肖像芸術の社会的役割――モデルの人物の存在を記憶・記念する、権力を誇示する、イメージを広く伝える等々――とともに、その表現上のさまざまな特質を浮き彫りにするものです。ルーヴルの全8部門(古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、絵画、素描・版画、彫刻、美術工芸品、イスラム美術)を代表する約110点の肖像作品が、時代・地域の垣根を越えて、顔を揃えます。27年ぶりの来日となる肖像画の傑作、ヴェロネーゼの《美しきナーニ》をはじめ、3000年以上も前の古代エジプトの棺用マスク、古代ローマの皇帝やルイ14世、ナポレオンなど古今の君主像、そして華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像まで、ルーヴルが誇る数々の名品を通して肖像芸術の特質と魅力を余すところなく紹介する、かつてない展覧会です。

 

ルーヴル美術館展HP http://www.ntv.co.jp/louvre2018

 

《開催概要》

■展覧会名:ルーヴル美術館展 肖像芸術――人は人をどう表現してきたか
■会期:2018年5月30日(水)~9月3日(月)
■休館日:毎週火曜日 ※ただし8月14日(火)は開館
■開館時間:午前10時-午後6時(金・土曜日は6月は20時まで、7・8・9月は21時まで)

※入館は閉館時間の30分前まで
■会場:国立新美術館 企画展示室1E

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

 

■交通アクセス:

東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)

東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a 出口から徒歩約5 分

都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7 出口から徒歩約4 分

※美術館に駐車場はございません。

 

■お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

 

■主催:国立新美術館、ルーヴル美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ
■後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
■特別協賛:野村證券
■協賛:大成建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
■協力:エールフランス航空/ KLMオランダ航空、日本通運、JR東日本、CS日テレ、

ラジオ日本、J-WAVE、文化放送、TOKYO MX、テレビ神奈川
■企画協力:NTVヨーロッパ

ラジオ日本NEXTラジオ日本NEXTラジオクラウドラジオクラウド民放連キャンペーン民放連キャンペーン
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ