TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本新春スポーツスペシャル第98回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

ラジオ日本新春スポーツスペシャル第98回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

ラジオ日本では、2022年1月2日(日)、3日(月)に行なわれる「第98回東京箱根間往復大学駅伝競走」の模様を完全実況生中継でお届けいたします。

rajionipponradiko

でお聴きいただけます!

お知らせ

【放送日時】

1月2日(日)往路・大手町読売新聞社前~箱根芦ノ湖 AM7時30分~PM2時25分

1月3日(月)復路・箱根芦ノ湖~大手町読売新聞社前 AM7時30分~PM2時30分

 

【解説・ゲスト・実況】

<2日・往路> 

解 説  只隈伸也(大東文化大学 陸上競技部前総監督、同大教授)

只隈 150×145

ゲスト  土方英和(国学院大学OB、Honda陸上競技部)

土方 150×145 2

箱根駅伝:1年3区18位、2年4区3位、3年2区7位、4年2区8位

新勢力の躍進が目立つ近年、母校も11月の全日本大学駅伝では大学史上最高の4位。

自身は在学中3年時から主将を務め、4年時の出雲駅伝で大学史上初の優勝、

箱根駅伝でも過去最高の3位と新たな歴史を作ってきた。

伝統校に挑む心構えや、強者に勝つためにどんな努力を重ねてきたのか?

幅広い往路経験もあり、その解説は必聴!

今年はマラソンで日本歴代5位の記録をマークし、現役ランナーとして今後の飛躍が大いに期待される。

実 況  木村季康

 

<3日・復路> 

解 説  花田勝彦(GMOインターネットグループ監督)

花田 150×145

ゲスト  神林勇太(青山学院大学OB、陸上競技部前キャプテン)

神林 150×145

箱根駅伝:3年9区1位

今大会も優勝候補に挙がる青山学院大の前キャプテン。

前回大会は本番直前に右足の疲労骨折が判明し出場はならなかったものの、

9区給水役としてチームを鼓舞した姿は印象的だった。

卒業を機に競技の第一線からは退いたが、3年時には9区区間賞を獲得し総合優勝に貢献するなど実績は十分。

青山学院大の勝利のメソッドは?よく知る後輩たちの人柄は?原監督の裏話は?OBならではのトークに期待十分!

実 況  槙島範彦

 

【中継アナウンサー】

大手町フィニッシュ      斉藤一平

鶴見 中継所         吉本 靖

戸塚 中継所         堀江政史

平塚 中継所         細渕武揚

小田原中継所         竹内義貴

芦ノ湖フィニッシュ・スタート 斉藤一平

記録  担当         夏川延子      

リポート担当         大村麻衣子、真鍋杏奈


 

※大会前、レース中まで随時、取材内容をtwitterで更新!こちらをご覧いただければ箱根駅伝をより楽しく聴くことが出来ます。

twitter

出場校一覧

シード校

出場校 出場回数 97回順位(総/往/復) 出雲/全日本
駒澤大学  56年連続56回目  1/3/2  5/1
創価大学  3年連続5回目  2/1/5 7/-
東洋大学  20年連続80回目  3/2/9 3/10
青山学院大学  14年連続27回目   4/12/1  2/2
東海大学  9年連続49回目    5/5/10   9/12 
早稲田大学  46年連続91回目   6/11/4 6/6
順天堂大学  11年連続63回目   7/7/8 10/3
帝京大学  15年連続23回目    8/4/11  8/13 
國學院大学  6年連続15回目  9/9/6 4/4
東京国際大学  5年連続6回目  10/6/12 1/5

予選会突破校

出場校 出場回数 97回順位(総/往/復) 全日本
明治大学 予1  4年連続63回目 11/14/7  7
中央大学 予2  5年連続95回目  12/19/3  8
日本体育大学 予3  74年連続74回目 14/15/13  15
山梨学院大学 予4  2年連続35回目  19/18/20  ―
神奈川大学 予5  12年連続53回目  13/8/14  ―
法政大学 予6  7年連続82回目 17/16/17  9
中央学院大学 予7  2年ぶり22回目  11
駿河台大学 予8  初出場  ―
専修大学 予9  2年連続70回目 20/20/19  ―
国士舘大学 予10  6年連続50回目 18/17/18  ―
関東学生連合 オープン参加  ―

関連番組

「タスキでつなぐ青春の200キロ」

12月7()29(火~金曜は2045分~2100、土・日は1945分~2000放送(月曜除く)

激戦が予想される今大会。綿密な取材に基づき各チームの仕上がり具合や戦力を分析し、箱根駅伝本番間近のチームと選手の今をお届けします。

※放送予定はこちら

 

「箱根駅伝直前情報」

2022年1月1日(土) 午前10時30分~11時00放送

本番を間近に控えた各チームの直前情報、レース展開の予想などをお送りします!この番組を聴けば、98回箱根駅伝の聴きどころが全て分かる!?

放送センター実況アナウンサーに聞く!

往路担当 木村季康アナウンサー

(あなたにとって箱根駅伝とは)

織姫と彦星。年に一度しか出会えない!もっと会いたいのに……。

1年の始まりであり、1年の終わりを告げる大会です。

この1年で自分が進歩したのかどうかを試される場でもあります。

(意気込み)

約200人の選手の肉声を中継内で紹介する予定です!

毎年選手に話を聞いていると、順調に練習できた選手は少なく、

けがをしたり、調子が上がらずに苦しんできた選手がほとんどです。

周りの部員や監督、コーチ、両親に支えられ、

スタートラインに立ったランナーたち。

勝敗以外のエピソードもしたためて放送しますので

ご期待ください!!

 

復路担当 槙島範彦アナウンサー

(あなたにとって箱根駅伝とは)

思いを届ける舞台。

「優勝」「シード権獲得」「4年目で初の箱根路を走ること」・・・

箱根駅伝を走る選手は、それぞれの思い・目標を持って大会に臨みます。

思いは違っても、周りの支えに感謝し、

日々目標達成に向けて突き進んできたことは変わりありません。

選手が走りで届ける箱根への「思い」を放送を通じて伝えていきたい。

それが私にとっての箱根駅伝です。

(意気込み)

前回大会は、沿道からの声援もなく、

長い歴史の中でも異例ともいえる中での開催となりました。

それでも襷をつなごうと、響き渡る力強い足音と息づかいは

どんな状況でも、目標を達成するという決意と覚悟を感じました。

 

TwitterTwitter総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
國學院大學國學院大學創価大学創価大学 ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ