TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

帝京大学 中野孝行監督

  • 96回箱根を振り返って(前回4位)

2000年2013年に次いで3回目の4位。堅実によく頑張ってくれました。苦戦した区間もよく耐えました。

一歩踏み込めた大会だったと思います。3位と3秒差というのは悔しさが残っている。

 

  • この1年

春は、寮に残った選手と帰省した選手がいて、それぞれが自主練習だった。

目的意識をもった選手はきちんと練習できた。そうでない選手との差が開いた。合同練習を始めたときはバラツキがあった。10月ぐらいから足並みが揃ってきて、練習の消化などは昨年と遜色ないと思っている。

監督はグランドに立ってみていたが、一切声を掛けなかった。

スマホのアプリに管理シートのようなものがあり、走った距離や体重・健康状態などをチェックしていた。

10月の多摩川5大学対校競技会で最下位。現状の立ち位置が確認でき、これで選手たちにスイッチが入った。

 

  • 全日本大学駅伝7位

学生たちの目標は5位だった。3年連続シード権。安心とか納得はしていないが手応えのあるレースだった。

大学新記録だった。優勝チームとの差は3分程度だったが、普通なら3位、4位のタイム。

1区18位だったが、レースを捨てないで襷を繋ぎ、展開を変えるような選手が出てきたことは嬉しいこと。

 

  • 97回大会について(展望・目標)

中心は、前回も活躍した主将・星、小野寺、遠藤とともに、今年伸びてきた4年生の増田ら。

4年間の集大成で力をつけてきているのは学生スポーツらしい。この選手たちも起用したい。そして3年生。

帝京大は例年、往路より復路で順位を上げてくるチームだが、今年は往路から積極的に攻め、往路3位で終えたい。

もし3位で往路を終えたら新たな目標を設定したいと思っている。復路も安定感のある選手を並べる。

“全員駅伝”でいきたいと思っているので、ポイントになる区間はない。28分台が6人と、アベレージの高い選手たちがそれぞれの力を発揮してくれれば、自ずと結果はついてくる

課題と言われる5区の候補として細谷、橋本らが伸びてきている。6区もそれなりの選手が準備できている。

5区6区に負担を掛けないようなレースをほかの区間の選手もやってくれるはず。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ