TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

明治大学 山本佑樹監督

  • 前回大会を振り返って(総合6位)

シードは絶対取ろうと思っていた。一つでも上の順位をと。3位争いが出来て選手たちは自信を得たけど、

結果的には6位。翌年はそれ以上を目指そうという気持ちで4月から新チームで活動してきた。

 

  • この1年について

阿部が卒業。テーマは「阿部が抜けて穴を誰が埋めるか」。正直誰かひとり出てきてくれたらと思っていたが、

阿部の抜けた穴を目指す選手が数多くいた。よって、全体的な底上げが出来た。

例年12月前半は、足が痛い選手がいるものだが、皆状態がいい。非常に足並みが揃っている。

例年は調子の悪い選手がメンバー入りすることもあったが、今年は違う。25人くらいのなかから16人に絞った。

 

  • コロナ禍について

4月から6月上旬まで自粛期間(帰省した選手と寮に残った選手がいた)。コミュニケーションを取ることの難しさを感じた。帰省している選手とは会えないし、寮の選手にも気を使った。寮も出入りをしないようにした。信用しているけど、「選手を信用する難しさ」を痛感。手を差し伸べたいけど、任せないといけないジレンマ。自分が落ち着いて構えることの大変さを知ったが、選手たちは大きく成長したので、今思えば、苦労というよりいい期間になった。

試合がないので、自分を見つめなおす時間に、必要な課題をはっきり見つけるようと話した。ある程度、自主練習の内容は任せた。不安は勿論あったが、いい時間になったのではないかと前向きに捉えることが出来た。皆と久々に集まったときは喜びが大きかった。特に4年生は箱根がなくなったらどうしようと、不安を感じていた。でも4年生が「大会開催に向け、いろいろな人が努力してくれているから、やれることをやろう」と言い出してくれたので安心した。

夏合宿…予定通りできた。大学、各自治体の協力に感謝。万全な感染対策をして練習をした。

 

  • 全日本3位

チームの底上げができた結果。走った8人以外にも走らせたい選手が多くいた。3位というはっきりした結果が出て、箱根へいいモチベーションになった。

 

  • 大会展望

目標…『優勝を狙って3位以内』。優勝を目指すつもりでないと、3位も獲れないはず。往路からしっかり主力をつぎ込んで勝負する。もちろん往路優勝も視野に。層の厚さは他大学を上回れることが出来るか。ただ、駒沢の田澤選手のような一発逆転できる選手がいない。復路も調子のよい選手を置いて、最悪10区のアンカー勝負でも勝負できる配置をしたい。

駅伝は前半の遅れが致命的。とにかく前半から先頭に近い位置でレースを進めたい。

1区…順位よりタイム差が大事。前回の小袖はだいたい合格点の走り。2区…加藤にはロードの適性がある。28分台はないが順調。重要区間を任せたい。3区4区も経験者の起用する可能性がある。5区6区はやはり経験値がものをいう。5区鈴木は自力もつけた。6区前田は大幅なタイムの短縮が望めそう。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ