TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

国士舘大学 添田正美監督

  • 96回箱根を振り返って(前回19位)

“金太郎飴”のような、誰が出ても変わらないチームでした。日本人エースを作るのが今後の課題です。

6区で良い流れが作れ、タスキをとぎらせることなく繋ぎ(8年ぶり繰り上げなし)、復路は大学記録を更新した。

 

  • この1年の練習

新型コロナウイルスの影響で、チームで練習することが出来なかった。各自に任せるような形でやっていた。

実家に帰りたいという選手もいたので、帰りたい選手は帰し、寮に残って練習したいという選手は寮に残っていた。寮に残った選手も、集団にならないように個別で練習するように対応してきた。

寮は大学の施設ではなく、借り上げのアパートで、一人一部屋なので、寮に残っても練習しやすかった。

一人で練習しているうちに、何のために大学に入ったのか、何のために走っているのかを再確認できたのでは。

8月の終わり頃からまとまって練習するようになり、選手間のバラツキが少しずつ小さくなってきた。

 

  • チームの特徴、良さ

今年は、去年作った金太郎飴がさらに太くなったようなチームです。

今年、小川助監督が入り、「動き作り・フォーム」について指導した。

その結果、キレイなフォームになり、故障しにくくなった。それが予選会に現れてきている。

 

  • 97回大会について(展望・目標)

往路を何とか戦い抜いて、復路でシード権争いをして、シード権を取ってゴールしたい。

前回走った選手と、イキの良い1年生が中心になる。

今回は相当の高速レースになると思う。1区で出遅れず、ヴィンセントが走りやすい位置でタスキを受け取り、3区が走りやすい位置で受け取れれば良い。2区で先頭に出るのではなく、ある程度集団の中の方が良い。前と後ろがいた方が3区の選手は走りやすい。

心配な5区に関しては、夏合宿で山を走って適性が見えた選手がいる。絞られてきている。

往路が終わった時点で、シード権が見える位置にいたい。10番前後で往路を終われれば…。

復路に関しては山下りの経験者もいるし、前回は「弱い、弱い」と言われながらも復路は健闘していた。

6区は復路のスタートなので遅れたくない。6区には経験者、曽根がいるので、前回より速く走って欲しい。

 

  • 選手評

1年生の山本龍神は練習でも試合でも安定感抜群。4年間でチームを背負っていく選手になって欲しいので、山本の1区も良いかなと思っている。日本人エース候補。

ヴィンセントは、前回2度、靴紐がほどけて結び直すのに20秒はロスした。海外でのレースで好タイムを出すなどスタミナもついて成長しているので、前回の2区区間賞ぐらいのタイムではいってくれると思う。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ