TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

青山学院大学 原晋監督

  • スローガン「伝承~緑に染め上げろ~」

「7連覇を目指すチームの基盤作り、そして各大会で青山学院大学のカラーである『緑に染め上げる』をモットーに1年間取り組んできた」との意味合い。

  • 『絆大作戦』

コロナ禍において様々な偏見や差別があり、会いたくても会えないふるさとの仲間、彼女彼氏と繋がりが薄れている。また、レースにおいても1人のブレーキが総合優勝から後退していくことになる。部員全員が絆を持って走り切る。絆を大切にレースに挑みたい。箱根駅伝を通し、絆を取り戻す活動をしていきたい。

※神林主将「今年は珍しくマジメだなと思った。でも駅伝で大切なのは絆。監督の掲げた大作戦を完了したい」

  • この1年について

(コロナ禍について)6月くらいまでを第一波とするならば、その時はコロナがどのようなものかもわからず、外で走ることも否定された。(実家などに)全員を帰せばリスクはなくなるが、(帰らず)「全員で乗り越えよう」「チーム全員で戦おう」と過ごしてきた。長距離は継続的な練習がないといけないし、「走ることは悪くない」と学生に伝え続けてきた。結果的にチームはよくまとまり、前向きにトレーニングができてきた。だからこそ優勝が目標と堂々と言える。

各種試合がなくなり、速さではなく「学生の強さ」をどう見るかに苦労した。その中、学内記録会でタイムより順位を意識。春先には学内記録会で順位を点数化。1位1点、2位2点という形で少ない点数のほうが強いと1つの指標にした。

  • チームの特徴、良さ

例年エントリーメンバーには1年生が入るが、今回は佐藤1人。選考レースの世田谷ハーフが中止になり、1年生にとってはハーフで信頼を勝ち取るチャンスがなかなかなかった。

エース岸本が故障中だが、カバーする16人は前回以上のペース設定の中トレーニングをしてきた。

  • 大会展望

目標は往路優勝、復路優勝、総合優勝。完全優勝を目指す。往路から先頭に立たないと箱根は勝てない。復路での大逆転はなかなかない。往路から積極的に参加する。往路メンバーのパズルの組み合わせは直前の状況で変わる。

大混戦を予想している。前回と違って簡単に優勝はできないが学生を信じている。絆を持ったタスキリレーをしたい。

(2区は?)基本的な走力が必要。また1,3区との関係性も重要。トータルで見る。

(どの位置でトップに立つイメージ?)4区までは大混戦。山決戦でバラけてくるのではないか。山の能力はメンタルが重要。抜かれるとエネルギーを吸い取られるが抜くとパワーをもらえる。

  • その他

(故障で岸本欠くが)痛いのは痛いが箱根だけを目標にしてほしくない。2024年、2028年と日の丸をつけて活躍する選手。中途半端で走るよりしっかり治して強化したい。

4年生の神林、吉田、竹石の3人には絶大な信頼がある。有終の美を飾ってほしい。

ハヤブサ2(のカプセル)も無事帰ってきた。我々も無事に大手町に帰る。

(憧れの指導者は?)熱意と愛がある星野仙一さん、エディー・ジョーンズ、ジャパネットの高田社長。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ