TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

駒澤大学 大八木弘明監督

  • スローガン

「原点と新化~覚悟をもって頂点へ~」

  • この1年について

(コロナ禍について)緊急事態宣言が出て6月までグラウンドが使えない時期は、練習場所を探すことに一番苦労した。

(コロナの影響でプラスになった点)選手1人1人が各自自主的に朝練などを行い、1人1人が自分でペースを決めた。それによってペース配分というものがわかるようになった。結果的に駅伝に良い方向に結びついた。

グラウンドが使えるようになってからはスピード練習や質の高い練習もできるようになり、夏合宿を経てチームのレベルアップにつながった。

  • 全日本優勝後

全日本優勝のあともしっかり練習ができていて順調。体調を崩さずに行ければいいレースができる。箱根までに何が足りないか考えたが、若いチームでもあり「走り込み」をしっかりやってきた。

  • チームの特徴、良さ

強みは「スピードがあること」。

若いチーム。1年生が先輩たちを刺激している。その1年生もスタミナがつき全日本の優勝につながった。

1、2年生が上級生を刺激し、うまくまとまっている。

  • 大会展望

目標は往路優勝、総合3位以内。

目標総合3位以内というのは「最低限3位以内」という意味。往路優勝をして、その流れでの3位以内。

目標達成にはミスをしないこと。与えられた区間でミスせずしっかり確実に走ることが大事。ミスをしたら優勝はない。

5区6区はしっかり準備をしてきた。きっちり練習してきたことをやれれば結果は出ると思う。

キーマンは鈴木や小林。田澤に次ぐエースがどれだけ仕事をするか。1年生のつなぎも大事。

  • 田澤選手について

レースの流れを変えられる選手。どこに置けばレースが動くのかを考えて配置したい。準エースたちの体調も含めて考える。「学生から世界へ」が大事。世界を見据えて日本選手権にも出したが、7000mまで日本記録ペースで走ったことは良かった。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ