TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

順天堂大学 長門俊介監督

  • 前回大会を振り返って(前回14位)

まったくレースに参加させてもらえなかった。速いペースに対応できなかった。

  • この1年について

自粛期間があったが、マイナスにならないようにしっかり考えて競技に取り組んできた。元々この競技はオフ期間がないので、オフを作ると考えればプラスに捉えられた。学生が自分で考える能力を養うことができた(自分自身も)。

試合が次々に中止になり、レースで力を確認することできないので、難しかった。

夏合宿期間が例年より短くなり、予選会に向けては影響があったはず。

予選会のあとは、11月は疲労が残り足並みがそろわない状態だったが、12月に入りチーム全体の調子は上がってきている。12月前半の段階では、予選会前の取り組み以上の練習が積めている。

  • チームの特徴、良さ

3年生がチーム良い効果を与えた。「良くも悪くも3年生は金太郎飴」なんだと、夏からはっぱをかけてきた。3年に7人の1万m28分台がいるが、総合力を上げてくれた。良質な金太郎飴になってくれた。工夫して取り組んでいた。

  • 大会展望

「5強」を崩す。あるいは、その次に入るのが目標。少しでも長く「5強」と呼ばれているチームに食い下がりたい。

前半で流れに乗って、後半はしぶとく粘りたい。全日本の時のように、スタートが決まると最高の展開。

2区野村は67分台を視野に入れてほしい。

4区が終わったところで、両手(10番)以内の位置にいたい。

5区は経験がものをいう。前回走った真砂は去年より間違いなく良い状態。プラスアルファを見込める。

6区の選手起用は最終段階に入っている。前回走った主将清水はうまく走れなかったが、今なら前回以上に走れる。もちろん平地区間でも今の力なら通用する。

  • その他

1年生三浦について)状態を少し落としている、回復待ちという状況。十分能力があるので間に合う。予選会・全日本の走りを見ていると、どんな状況でも対応してくれるはず。今は、疲労抜きと考えれば良いか。ハイペースでもスローペースでも捉われない。世界で戦う選手。この逆境も乗り越えてほしい。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ