TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

國學院大学 前田康弘監督

  • 前回の箱根を振り返って(大学史上最高の3位)

準備も順調にいき、大会でも大きなミスがなく力を出せた。1区藤木が2位で流れを作れたのが最大の飛躍の要因。

予想した通りの順位であり、狙って3位をとれた。往路Vは狙っていたので悔しさは残る。課題としては層が薄いこと。

自身の母校駒沢を初めて上回った。完全勝利はうれしい。今回の駒沢は強いが。

 

  • スローガン「覚悟と証明~歴史を継承し新たな未来へ~」

「去年良かった」で終わってはならない。去年を超えるのには覚悟が必要だし、1つ1つの大会で結果をだし力を証明していこうという意味。歴史を受け継ぎながら、真似ではなく新たな未来を作っていこうという思い。学生中心に考案。

 

  • この1年について

4月の緊急事態宣言後は寮に残る選手や実家に戻る選手もいて、個人練習が続いた。大学の施設も使えず、集団にもなれないため、3・4人の小さなグループを作り、人がいない場所で練習をするなど工夫した。6月から全体練習。

選手たちは「なぜ自分たちは走っているのか、なぜ箱根を目指しているのか」など競技観を深めた期間だった。また、自ら練習メニューを作り実行するなど自主性が育まれ学びの多い期間だった。

自分で考えて練習することにより、「練習をやらされる」という概念がなくなった。不思議と練習の質が上がった部分もある。藤木が42キロジョグをやってみたりと、今までやらなかったことに挑戦する選手もいた。

去年の主力が抜け、柱づくりの1年だった。去年の経験者6人が柱。

全日本は9位。1区から本流にのっていけたことは良かった。そのあと耐えられなかった課題は残る。

 

  • キャプテンは3年生!木付琳

3年生世代が中心である事をふまえ就任。4年生としては、はがゆい気持ちもあるだろうが協力してうまくチームは機能しているし木付もまとめている。前キャプテンの土方も3年生からキャプテンだったが、木付とは寮で同部屋であり魂を注入されている。この世代が4年生になる翌年はさらに勝負の年になるだろう。

 

  • チームの特徴、良さ

藤木、中西大翔のWエース。自分が「土方さん浦野さんの思いを継承する」と率先して引っ張っている。

去年より全体の層は厚い。中間層のレベルは去年より上。その下が作れれば面白い。

3年生世代が中心だが、4年生が意地をもっている。それが融合している。

 

  • 大会展望

目標は総合3位。去年3位をとったので目標を落とす理由は全くない。達成には序盤1区、2区の順位がポイント。

往路で本流に乗っていたい。前でレースをしたい。そのためには1区がどう出るかがポイント。今は日本人も強く、2区でそこまで大きな差は生まれない。3,4区でも大きな差は出ない。やはり差が生まれるのは山の5,6区になる。

5区は育成をしてきた。6区は去年成功したが、今回はその選手がさらに進化をしている。

復路は我慢強く粘る國學院らしいレースをしたい。4年生の意地をみせてほしい。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ