TIME TABLE TIME TABLE
TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド

ラジオ日本

専修大学 長谷川淳監督

  • スローガン「伝統への挑戦・Return to 箱根」

部も97周年で箱根駅伝も97回大会。時代を遡っていく中で、新しい事も取り入れていこうという意識。良い時代を知っているOBも多く、その良き時代の活躍に戻れる様にしたい。

予選会通過を狙うにあたり、まずは生活部分の見直し、練習の見直し、小さい事を積み重ねた。

 

  • コロナ禍の中で・・・

今年は8月頭からの夏合宿が組めず、ボリュームダウンになった分、朝夜の練習量を増やした。夏合宿で体力面の強化、蓄積があるので、その点が1番懸念で難しかった。

予選会通過レベルの練習は、夏の終わりぐらいからできていた。予選会14位が続いたが、あと少しで届きそうだった年もあり、最低ラインの力は元々あった。

部活動は3月ぐらいから部の活動を停止。各自練習に切り替えた。普段見ている選手達の状況が分からずに、個人報告のみ。7月の全員集合まで心配だった。

ただ結果プラスの部分があり、家族のもとに帰省し状態が上がった選手が多かった。自覚を持った選手が増えた事が新たな発見であり収穫。

 

  • 予選会

本戦出場は率直に嬉しい。部の雰囲気も変わった。予選会走れなかったメンバー達の心境もプラスに変わってきた。選手達の自信にもなった。

前半抑えていけたが、15キロで法政と20秒差。法政の集団走が分かっていたので、その辺りから口数も減り、祈る様な気持ちだった。

 

  • 97回大会の目標

選手も私も監督としては初。着実に次につなげていきたい。各区間しっかりタイムを設定して、区間順位は欲張らずにしっかりタスキをつなげたい。

経験がものを言う大会、私自身が経験して、勉強したい。

TwitterTwitter民放の日民放の日春ラジオ99春ラジオ99総務省ワイドFM広報キャンペーン総務省ワイドFM広報キャンペーンラジオの証言ラジオの証言radikoradikoワイドFMワイドFMラジオ日本ネクストラジオ日本ネクストラジオクラウドラジオクラウド
ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式通販 ラジオ日本ショップ ラジオ日本公式ブログ ラジオ日本公式ブログ